“iBeacon” ソリューション の革新的な提案!

iBeaconソリューション

◆2015年、iBeaconが躍進する!


1年半以上も前にiOS7と同時に世に出てきたiBeaconですが、色々な事情があって中々、実用の現場には登場してきませんでした。

例えば、

  • 発表当初はAndroidで十分な活用が出来なかった
  • Beaconモジュールが市場に出回っていなかった、性能の問題があった
  • どう使って良いかわからなかった

しかし、

  • Android4.3以上で使用可能になった。かつ、国内発売のAndroidも4.3以上が多くなってきた
    ⇒ iPhoneとAndroid、両方のスマートフォンで使えると言える技術になってきた!
  • Beaconを扱う会社や品揃え、性能が整ってきた
    ⇒ 形状や価格、性能など、選択肢が増えて最適なものが選択可能になってきた!
  • 定番的なO2Oとしての使い方だけでなく、会場案内、顧客の店舗内動線管理等の多彩な使い方が提案され初めた!
    ⇒ まだまだ、事例としては少ない様ですが、今後は面白い使い方や実践的な使い方もどんどん出てくると思います!

こういった周りの環境的な側面も整った事で、2015年はiBeaconがいよいよ活躍し始める年になりそうです!

◆とは言っても・・・


多分、まずは定番的な使い方 = O2Oの部分でiBeaconは活躍し始めるでしょう。
iBeaconという言葉が一般の方の間でも普通に使われ始める様になるかもしれません。

それでも、iBeaconはアイデア次第で、まだ誰も考えついていないような画期的なシーンを作り得るツールです。
当社は、こういったiBeaconの全ての利用局面で、お役に立てると考えています。
他の近距離通信技術(RFID、NFC、Bluetooth、音の電子透かし等)との併用も含めて、どんな相談にも丁寧に対応させて頂きます。

【事例】


■定番! O2OツールとしてのiBeacon
クーポン発行、来店ポイント付与、商品(製品、作品)説明、Push送信等のO2O的な事例を紹介します。

raise_app03

■ちょっと特殊なiBeacon事例
顧客の店舗内での動線分析やiBeaconを使った勤怠管理等の事例を紹介します。

ibeacon_analysis

■こんなアイデア利用法も!
 『iBeaconでバーチャル試着!』とか、広告配信とか、スタンプラリーとか・・・・・
独自のアイデアでも自信あり! だから、少しだけですがアイデアを紹介します。
Coming Soon