定番!O2OツールとしてのiBeacon

Beacon_logoソリューション

O2Oとは、主にEコマースの分野で用いられる用語で、インターネット上(オンライン)と実店舗(オフライン)の購買活動が連携し合う、または、影響し合うといった意味の用語です。
ここでは単純にアプリによる実店鋪(会場)誘導として考えましょう。
ネット上にショップが無くてもまったく問題無いですし、購買活動でなくても問題ありません。
要は、来て欲しい時期に、来て欲しい実際の店舗や会場へ足を運んでもらうためのツールとして、iBeaconが有効ですよという事です。
iBeaconの使い方としては、王道中の王道です。

【主な機能】
  • Push通知で情報提供
  • 遠距離でのBeacon感知:案内図や地図等で迷わず来られる、来やすさをアピール。たまたま近くにいる顧客の誘導用としても使用可能
  • 中距離でのBeacon感知:クーポン、特別割引や来店ポイント等でお得感を与える
  • 近距離でのBeacon感知:商品や製品、サービス、作品等の詳細な説明を、それらの前でタイムリーに表示する
  • 既存のブログやサイトの新着情報、Facebook等のSNS連動も可能

当社のO2O的なiBeaconアプリ事例 (インディアンジュエリー・アメリカン雑貨の「レイズ」津田沼パルコ店)

raise_app01raise_app02raise_app03raise_app04

レイズ様サイト

raise_site